非常用発電機の負荷試験

有限会社フジコー HOME > 非常用発電機の負荷試験

フジコーは、時間、スケジュール、コストなどの様々なニーズに応える為、お客様の立場にたってご提案致します。

非常用発電機の負荷試験とは

ホテルや病院などに設置されている、停電時にバックアップとして使われる、非常用の発電機を実際に正常に作動するかの試験を承っております。

実負荷試験と疑似負荷試験

消防法により”模擬負荷装置、実負荷等により、定格回転速度及び定格出力の30%以上の負荷で必要な時間連続運転を行い確認する”ことが定められており、実施方法としては「実負荷試験」と「疑似負荷試験」がございます。
弊社は「疑似負荷試験」にて検査を行います。

疑似負荷試験とは

疑似負荷試験とは負荷試験機というものを用いた検査方法になります。
実負荷試験と比べ負荷を負荷試験機で作業を行うため、停電せずに試験を実施することができます。
病院やホテル、大型スーパーなどにおいても、停電がなく短時間で試験を完了することが可能です。
大型車による混載運行例
2tでは長距離はちょっと、3tでは今の4t車(フジコーの4tウイング積載2,300kg)5tでは大型チャーターでは料金が等々

迅速にご対応致します!
まずは、ご相談ください!!

048-955-9588

ドライバースタッフ 募集中!

初心者の方でも安心、充実した研修制度!女性の方も歓迎致します。
採用情報について、
詳しくはこちらをご覧ください